2018年12月6日木曜日

なぜこの程度のコメントで「納得」した気分になるのかー勝谷誠彦氏のあるコメントを題材として


 先日、コラムニストの勝谷誠彦氏が亡くなられた。勝谷氏には申し訳ないが、2011年の認知心理学会のシンポジウム「21世紀市民のための思考研究の理論と実践」で登壇させていただいたときに、彼のある事件へのコメントを題材に、「なぜこの程度のコメントで人々が納得した気分になれるのか」と、かなり批判的な立場で議論した記憶がある。さて、以下の3つのコメントで、勝谷氏による本物はどれだろうか? 残りの2つは私が作成したものである。

(1) 愛知県の東名高速道路で起きた高速バス乗っ取り事件で、監禁と銃刀法違反容疑で逮捕された中学2年の少年について

「誰でも簡単にナイフが持てる時代で、『周囲の注意を引き付けたい』という達成感を得ることだけが目的になっている。どうにかその達成感を表したいから、バスを乗っ取るという安易な方法をとる。乗っ取り・監禁までしてしまうのは自己愛の暴走。自分を『世界に一人だけの花』と思いこむ人間が増えて、そこに事件を起こすことがその証明だと勘違いしてしまう。豊かなようで、精神の貧困な時代の象徴だ。」

(2) 学校に無理難題をおしつけるモンスターペアレントの問題について

「誰でも簡単に教師に文句が言える時代で、『学校・教師に勝った』という達成感を得ることだけが目的になっている。どうにかその達成感を表したいから、学校にクレームをつけるという安易な方法をとる。学校の教育方針にまで口をはさむのは自己愛の暴走。自分を『世界に1つだけの花』と思いこむ人間が増えて、学校を屈服させることに自分という存在が残ったと勘違いしてしまう。豊かなようで、精神の貧困な時代の象徴だ。」

(3) イタリアの世界遺産であるフィレンツェ市のサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂において日本人の落書きがあったことについて

「誰でも簡単に海外に行ける時代で、『そこに行った』という達成感を得ることだけが目的になっている。どうにかその達成感を表したいから、落書きという安易な方法をとる。実名まで書いてしまうのは自己愛の暴走。自分を『世界に1つだけの花』と思いこむ人間が増えて、そこに自分という存在が残ったと勘違いしてしまう。豊かなようで、精神の貧困な時代の象徴だ。」

 正解は、(3)で、産経新聞の2008年の629日付のコメントである。認知心理学会では私が作成した偽の例がすでに知られていたようで、比較的正解者が多かったが、これ以外の場所で話したときは、正解はほぼチャンスレベルであった。さらに、(1)でも(2)でも納得できるようなコメントで、AIによる事件コメント生成プログラムが簡単に作成できそうだという意見もいただいた。

 勝谷氏や産経新聞には申し訳ないが、シンポジウムで提起した問題は、なぜこの程度のコメントで人々があたかも「納得した」かのような錯覚を抱くのかということである。私がシンポジウムで主張した結論は、素朴心理学的な因果説明と、安直なビッグワードの使用である。素朴心理学とは、科学的に検証されているわけではないが、人々が直感的に信じている因果連鎖から構成される。ここでいえば、「自己愛傾向が高い人は、目立つところに自分の名前を書く」や、「豊かになれば精神が貧困になる」という因果関係である。検証されたわけでもないのに、なぜこの程度のことを信ずるのかという問題はまだ明確ではないが、因果構造のシンプルさが理解を容易して、納得感をもたらすのだろう。

 もう一つの問題は、ビッグワードである。ビッグワードとは、抽象的でさまざまに解釈可能な記述用語だが、ここでは「自己愛」や「精神の貧困」が相当する。実は、「自己愛」は心理学ではかなり厳密な定義が試みられているが、日常語として使用されればビッグワードになる。どうにもならないのは「精神の貧困」だろう。精神の貧困とは何なのか? 明確ではないままに人々を納得させる怖い用語である。

2018年11月24日土曜日

チャウシェスク最後の演説―共同幻想あるいは多元的無知が打ち破られる瞬間


 このブログで、国の豊かさや経済発展などに影響を与えているものとして「制度」が重要であるといくつかの記事で書いてきた。制度は、法制化されているにしろ、社会習慣にしろ、人々の共有幻想によって成り立っているといえる。たとえば、「お金に価値がある」と人々が信じているのが代表的な共同幻想だが、お金に対する人々の信頼は現実に私たちの生活を円滑にしてくれているので、これは共同幻想といえども持続可能で、豊かさや経済の発展に寄与している。この共同幻想は、政府やナショナルバンクがめちゃくちゃな政策をとらない限り、持続していくだろう。

 ネガティヴな例として、独裁者の裸の王様状態がある。人々に憎悪されているにもかかわらず、その権力維持を可能にするのも共同幻想である。心理学では,多元的無知とも呼ばれるが、これは、集団の多くの成員が,自らは制度に疑問を持っているにもかかわらず、自分以外の他の成員のほとんどがその制度を肯定的に評価していると信じている状態を意味している。つまり、個々の人々は独裁者を憎悪しているのだが、自分以外の人々が独裁者を尊敬していると信じてしまうと、独裁者打倒に踏み切ることができないわけである。

 しかし、歴史の中で、この共同幻想が崩壊したり、あるいは人々が多元的無知から解放されたりしたときに、革命が起きる。その代表的な例が、ルーマニアの独裁者であったニコラエ・チャウシェスクが処刑されたルーマニア革命だろう。この共同幻想崩壊の瞬間を、ユーチューブで見ることができる。この「Nicolae Ceausescu LAST SPEECH」は、19891221日のブカレストにおけるチャウシェスクの演説である。チャウシェスクが広場を埋め尽くした聴衆に向かって演説をするが、当初は彼を賛美する声だったのが、途中、240秒あたりから野次・非難の声が起き始めて、その後、右往左往する姿が映し出されている。聴衆の「ティミショアラ!」という叫びも聞こえてくる。この直前の1216日にティミショアラ蜂起があったのだが、チャウシェスクは、国民を落ち着かせることを目的として、彼を賛美している人たちがたくさんいるということを示すために、この演説を国営放送で放映したのである。それで幸いに記録が残っているのだが、この演説に対する人々の反応がルーマニアの全国民に知れ渡ってしまって、チャウシェスクが尊敬されているとする共同幻想が崩れたのである。つまり、彼の戦略は、完全に裏目になったわけだ。そのわずか4日後の1225日、彼は妻のエレナとともに銃殺刑に処せられている。

2018年11月18日日曜日

自然実験としての歴史―アフリカの奴隷貿易の影響


 久しぶりにジャレド・ダイアモンドの日本語訳が出版されたと思って読んでみたら、『歴史は実験できるのか―自然実験が解き明かす人類史』は彼らの編著で、かなり専門的な内容だった。しかし、幸い、歴史や計量経済をあまり知らなくてもなんとか読める範囲に収まっていた。この「自然実験」という用語は、心理学においては、たとえば事故や脳梗塞などで脳に損傷が起きた患者において、どのような機能障害が生ずるのかなどの文脈で用いられる。実験室の統制実験のように、脳のある部位に損傷を起こさせた群と健常群を比較するというような研究は、倫理的に実施してはいけないので、脳についてのかなりの知見は、このような「自然な」脳損傷によって」得られている。

 歴史もこのような統制実験ができない領域である。しかし、歴史的にどのような制度が用いられたのか、どのような侵略があったのか、どのような生態学的な条件だったのかということから、その後の発展や変化にどのような影響を及ぼしたのかというアプローチは、たしかに自然実験といえるだろう。極端にいえば、科学として歴史を捉えようとすれば、自然実験以外にアプローチはないようにも思える。

 この本は、いくつかの論文から編纂されたものだが、問題意識は、ジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』が書かれたときと同じ「現代世界における不均衡がなぜ生じたのか」で、ブレがない。パプアニューギニアのある政治家の「なぜアメリカは豊かでモノがあるのに、パプアニューギニアはそうではないのか」に尽きるだろう。『銃・病原菌・鉄』では、主としてユーラシア大陸とアメリカ大陸やアフリカ大陸が比較されていて、地勢的・生態学的な説明が用いられていたが、『歴史は実験できるのか』では、偶発的に起きてしまったことや、制度的な要因が、その後の歴史的変容の説明として用いられている。たしかに、地勢的・生態学的な説明では、なんとか15世紀の大航海時代くらいまでならある程度説得力をもっているかもしれないが、15世紀以降の急激な地域間格差の説明には無理がある。

 その中で、目を引いたのは、アフリカにおける奴隷貿易の影響である。奴隷が多く輸出された国・地域は、明確に現在に至る発展に遅れが見られるという結果なのだが、元々発展していなかったから奴隷を輸出しやすかったのではないかとも思われた。しかし実は、その逆のようだった。当時は、コンゴ王国のように、人口が稠密で国として発展していたようなところからより多くの奴隷が輸出されたようだった。人口が稠密ならば、反乱や内戦が多く、その結果として奴隷を確保しやすかったからである。しかし奴隷貿易の結果、共同体内での対立が激化した。知人や親族等によって拉致されて奴隷として売られるようなことも起きたからである。また対立の激化があれば、武器を買うために奴隷を売り、その武器によってますます争いが増えて奴隷を得やすくなるという悪循環が繰り返されたようだ。これは、とりもなおさず政治の不安定化を招き、現代の貧困に結びついているわけである。研究として、奴隷売買をする群としない群にわけて50年ほど実験をしてみるというようなことはとてもできない。奴隷貿易は、アフリカの人々には悲劇的なことであっただろうし、人類としての罪だったと思うが、冷徹に眺めれば、自然実験の貴重なデータを提供してくれている。

2018年11月4日日曜日

めざせJ1昇格―京都サンガの低迷


 J1J2を往復し、エレベータークラブと呼ばれていた京都サンガが2011年以降ずっとJ2に定着している。今年はJ1への昇格どころか、J2の最下位の時期もあり、J3降格がかなり危ぶまれた状態が続いた。本日、なんとかJ2に残留することが決定した。この2年間の低迷の最も大きな原因は、無能としか言いようがない布部陽功監督のチーム作りと采配であろう。2017年シーズンからの采配だったが、チームが組織的に機能せず、攻撃はチグハグで守備が崩壊してしまった。2018年シーズン途中に、やっと布部からボスコ・ジュロヴスキーに交代し、一時は最下位でJ3への降格も覚悟したが、かろうじて残留を決めた。

 現在の状態から来々シーズンの昇格に向けて、京都のフロントは青写真ができているのだろうか。これまでの京都は、三浦知良、ラモス、柳沢敦、そして田中闘莉王など、どうみても見通しがないままに客寄せパンダ的な選手を連れてきては失敗ということが続いている。来シーズンは、やはり現有戦力を最も活用できるピースの補強と、そのチームを機能させることができる監督を招聘すべきだろう。その視点で見れば、京都には、岩崎悠人、仙頭啓矢、小屋松知哉、庄司悦大、カイオなど、偽9番としての人材は豊富である。彼らを偽9番あるいはシャドーとして活用するためには、CFには運動量が豊富でポストプレーが巧みな選手が欲しい。今年は、ロペスや闘莉王がFWとしてプレーしたが、ロペスはポストプレーヤーとしてボールを収めてくれるわけではないし、闘莉王ではあまりにも運動量不足である。

 それでは現メンバーが抜けないと仮定すれば、CFには誰が適任だろうか。もちろん最盛期のインザーギのようなCFがいれば最高だが、私が欲しいなと思っている現実味があるプレーヤーは鳥栖の金崎夢生である。彼をワントップに置き、岩崎や小屋松のスピードを活かしたショートカウンターを中心にした縦に速い攻撃を見てみたい。金崎には失礼かもしれないが、ちょうどワールドカップで優勝したフランスのジルーのように、点を取らなくてよいので偽9番のために献身的なプレーをしてくれるCFとして京都で活躍して欲しい。しかし、鳥栖は今日の試合で降格圏から脱した。また降格したとしても、金崎はJ1のチームに行きたいだろうなと思うので、実現は難しそうである。

 一番の問題は監督である。ジュロヴスキーは布部と比べてはるかにましである。しかし、運動量の少ない闘莉王頼みの攻撃では、J3への降格はないかもしれないが、J1に昇格するには物足りない。布部が崩壊させた守備は立て直してくれたので、この守備を受け継ぎ、運動量がある偽9番やシャドーが躍動するサッカーを実現させてくれる監督に来て欲しいものである。

2018年11月1日木曜日

心理学からなぜ政治や戦争の話題へ? ―適応論とビッグ・ヒストリー


 ブログを始めて1年になる。当初はそういうつもりはなかったが、振り返ると、政治や戦争関係の記事が予想外に多かったように思う。私の昔の推論研究をご存知ならば、あのYamaがなぜこんな領域の記事を書くのかと驚いておられる方々も多いかもしれない。

 推論研究は、1980年代の「人間はなぜ誤るのか」という視点から、1990年代には「人間の誤りはどういう意味で適応的なのか」という問いかけに変化した。野生環境で進化した脳にとって人工的に作られたルールや論理学は苦手だが、現代人の誤りも、野生環境では適応的だったのではないかというわけである。今世紀に入ると、文化的な視点も取り入れられ、人間は文化的環境に適応できているのかどうかという議論にも発展している。文化というと、芸術などを連想させるかもしれないが、このブログでは、それだけではなく、人間の習慣や社会のシステムなど、社会性哺乳類としての人間が集団を作っていくうえでの何らかの仕組を表す用語として使用している。適応的視点からは、文化とは、人間が集団で生活する上での何らかの適応課題(それを解決すると、生存や繁殖に有利になるような課題)を解決するために作られたものである。歴史上、民主的に創られる場合もあれば、権力者が自分に都合がよいように作る場合もあっただろう。また、ちょっとした人々の習慣が伝播していく場合もある。そして、いったん文化が作られると、目標である適応課題の解決はもたらしてくれるかもしれないが、もう一方でその新しい文化への適応が求められるようになる。人々に効率的に共有すべき知識が伝えられるようにということで「学校」という文化が創られたが、今度はその「学校」という文化に適応を求められるようなものである(この不適応は、教育心理学の大きなテーマの一つである)

 現在、世界にはさまざまな文化が人々によって共有されている。それによって、残念ながら、豊かな国もあれば貧しい国もある。産業が発展している国もあれば途上の国もある。政治的に独裁の国もあれば民主的な国もある。平和な国もあれば内戦やテロが終息しない国もある。これらのアンバランスな発展あるいは多様性は、どのようにして起きたのであろうか。この問題に、現時点で最も適切な解答を与えてくれるのは、いわゆるビッグ・ヒストリーだろう。残念ながら、日本人による著作はあまりないが、ジャレド・ダイアモンドが『銃・病原菌・鉄』を著して以来、次々に名著が出版されている。最近では、ユヴァル・ノア・ハラリの『サピエンス全史』や『ホモ・デウス』がインパクトを与えている。さらに、スティーヴン・ピンカーの『暴力の人類史』は、人類がどのようにして殺人・暴力や戦争・ジェノサイドを減少させてきたのかを議論している。

 このブログの政治や戦争についての記事の多くはこれらの書籍から影響を受けたものである。最近のビッグ・ヒストリーは、過去を振り返るだけではなく、未来をどのように生きていくのかということも真剣に議論し始めている。しかし、日本の政治家やそれに類する人々による国家あるいは人類の将来についての議論はとてもこの水準に達していない。素人ながら、残念に思う。

2018年10月28日日曜日

中国とはどうつきあっていくべきなのか


 1014日に中国の人権弾圧についての記事を書いたが、その直後の16日に発売されたニューズウィーク日本版において、「日本人がまだ知らないウイグル弾圧」という特集があり、習近平政権の怖さを改めて思い知らされた。ただ、ニューズウィークもいろいろと「やらかす」週刊誌なので、眉に唾を付けることは忘れてはいけない。

 さて、この習近平が日本に急接近しだしてきた。私はジャーナリストではないので、この背景については考える材料をほとんど持っていない。おそらく、よほど追い詰められた状態なのではないかとは思うが、一市民としては隣国と摩擦があるよりは良い。しかし、やはり中国は一党独裁による国なので、日本が中国の覇権主義や人権弾圧に加担することがないか常に注意を払わないといけないだろう。

 中国はなぜ用心しないといけないのか。それを考える大きな枠組みの一つが、ダグラス・ノースによる制度的なアプローチだろう。彼らの共著が、幸い、『暴力と社会秩序―制度の歴史学のために』というタイトルで邦訳が昨年出版された。この本の中では、民主主義的で豊かな国家になることができるのかどうかという鍵として、アクセス制限型秩序―アクセス開放型秩序という区別が提案されている。彼らによれば、国家の起源は、小規模な狩猟採集的社会秩序の延長にあるが、そこにおいては国民の統制という点で、国民からの富や情報あるいは意思決定へのアクセスは常に制限されなければならない。それがアクセス開放型秩序に向かうためには、市民による政治参加、政府の意思決定をガラス張りにする制度、政党や経済的組織などの団体を保護する法的制度、そして個人や法人の財産権の保護と暴力の禁止が保障されていることが必要である。

 この原則に照らし合わせると、中国はまだまだアクセス制限型秩序の国であるといわざるをえない。一般に、アクセス制限型秩序の国は、独裁的な経済政策によってある程度は豊かになることができる。とくに公教育が未整備な状態では、ある程度見通しをもったリーダーの独裁によってある程度は発展する。明治期の日本の殖産興業、ロシア革命後のソビエト連邦の5か年計画などがこの好例だろう。中国も政治は一党独裁のまま、経済だけ資本主義を取り入れることによって現代の発展に結びついている。しかし、この豊かさへのアクセスが制限されたままでは、いつまでたっても民主主義的な豊かな国家になることはできない。経済における利益が、独裁を維持するために使用される割合が高いと、軍事費の比率が高くなり、そしてその軍隊を制御できなくなるリスクが生じてくる。

 安倍政権は、どのような意図があって習近平のすり寄りを受け入れている(あるいは、受け入れているように見せかけてる?)のだろうか。安倍政権も、ガラス張りであるべき政治の意思決定にかなり問題があるように思える。中国との交渉を任せておいて大丈夫なのだろうか。

2018年10月18日木曜日

「西郷どん」―吉二郎のグローリー・シーキングの悲劇


 今年のNHK大河ドラマである「西郷どん」について、本ブログではこれまで「翔ぶが如く」と比較しての批判的なコメントを述べているが、家族の視点からの描き方は見事である。この点については、「翔ぶが如く」を超えていると思う。それが顕著に見られたのが、1014日放映の、渡部豪太演ずる吉二郎の戦死である。

 この時期の薩摩藩下級武士の西郷家は、長男の吉之助が異例の出世と名声を得た一方で、家を守っている次男の吉二郎が生活苦の中で百姓をしているという非常のバランスの悪い状態になっている。この点を吉之助に抗議した長妹の琴のセリフも良かったが、自分も戦争に行きたくてたまらなくなった吉二郎の精神状態を、渡部豪太が、たいへん見事に表現していたと思う。吉之助とともに三男の慎吾や末弟の小兵衛が戊辰戦争にすでに従軍しており、生死の境をさまよった慎吾は、「やめておけ」と忠告する。

 しかし、これは吉二郎にとってはとても酷な状況だろう。この忠告に従わず、結局は北越戦争で戦死した吉二郎にとって、従軍は愚かな選択だったということは簡単かもしれない。しかし、ドラマは、あるいは吉二郎を演じた渡部豪太は、それ以上のメッセージを私たちに与えてくれたと思う。彼にとって、単調で華やかさに欠ける百姓仕事はたいくつで仕方がなかっただろう。また、当時の薩摩では、勇敢であることが最も尊いとされた価値観が共有されている。そうした中で、兄弟の中で一人だけ家で百姓仕事というのは耐えられなかっただろう。

 人類学者のDavid Anthonyは、男性の地位や役割が主に戦争で手柄をたてたかどうかできまるような社会では、若い男性は手柄をたてる機会を求めて紛争を好む傾向があると述べている。これはグローリー・シーキングと呼ばれ、幕末の薩摩だけではなく、人類に普遍的に見られる傾向である。現代でも、イスラム国の戦士になろうとする若者に共通に見られるのは、この傾向である。彼らは、希望が持てない退屈さの中から戦士になっていくわけである。

 1014日のドラマは、グローリー・シーキングに踊らされた吉二郎の悲劇を、グローリー・シーキングが従軍という形で若い男性の中に生まれてしまう時代背景への批判としても描いていたと思う。幕末あるいは新政府ができたこの時代は、古い体制を改革するのにこの傾向はどうにも避けられなかったことなのだろうか。永遠の宿題になりそうだ。