2019年3月14日木曜日

江戸幕府の森林の保護―日本人は自然を愛する国民?


 森林は、温暖化防止だけではなく、生物多様性を支えるためにも重要である。また、ジャレド・ダイアモンドの『文明崩壊』においても、森林を守ることができるかどうかが文明を支えるために重要であることが示されている。さて、日本は人口が多いにもかかわらず森林の占める割合が高いのだが、この面積割合は、自然が豊かかどうかの指標の一つになる。

 日本は江戸時代の前期に大きな森林破壊危機に見舞われている。戦国時代が終わり、江戸時代になると人口も増えて町が発達し、材木の需要が増大したためである。とくに、1657年の明暦の大火によって江戸の半分が消失したあと、需要はピークに達した。その需要を満たすべく山林が伐採され、森林は大きな危機を迎えたのだが、その後、みごとに復活して現在に至っている。しかし、実はこれは、日本人が自然を愛する民族の証拠となるわけではないことを、私は、拙著『日本人は論理的に考えることが本当に苦手なのか』で述べている。

 森林破壊は、前回の記事でも述べた「共有地の悲劇」をどのように避けるかが重要な問題である。これを防ぐためには、共有するメンバーが、道徳的に自制するか、強力な法制によって取り締まるかどちらかである。江戸時代の森林再生の成功の第一の理由は、この共有地の悲劇を幕府主導によるトップダウン的な森林の管理統制によって防いだという点である。第二の理由は、森林伐採による被害が非常に目に見える形で現われたという点である。日本の山々は急峻で、山地の樹木を伐採することによって、土砂崩れや水害などの災害が起きやすい。伐採による災害が目に見えて明らかなので、幕府や藩も森林保護に本腰を入れ、また、人々へ取り締まりも説得力があっただろう。もし、被害が目に見えにくければ、このような政策はなかなか実を結ばない (1990年代の温暖化がその典型的な例だ)。第三の有利な点は、日本列島が比較的温暖で湿潤であり、また火山島でユーラシアから黄砂が飛来するという点である。火山は地下から植物の生育に有利な物質を地表にばら撒き、中国から飛来する黄砂は肥沃なのである。したがって、森林を伐採した後であっても、それを再生させるという点で非常に有利だったのである。

 私は、日本人が自然を愛する民族ということを否定しているわけではない。ただ、「日本人が森や木を始めとする自然を愛する民族だったので森林を守ることができた」という説明よりも、上記の説明のほうがはるかに説得力があるならば、わざわざ「国民性」のようなナショナリズムに結びつきやすい概念を持ち出す必要はないということが言いたいわけである。

 さらに、実は、幕府は森林伐採を統制すると同時に、森林からの利益に代わるものとして、アイヌとの交易を大幅に拡大させた。アイヌからはサケの燻製やシカの皮などが輸入され、米や綿などがアイヌにもたらされた。その結果、サケやシカは激減し、北海道の自然破壊となって自給自足のアイヌは急激に人口を減らしていった。これは、特定の自然を守るために、別の自然が損なわれるという典型的な例なのである。幕府には、北海道の自然破壊は目に見えていなかっただろう。あるいは、目に見えていたとしても、どうでも良いことだったのだろう。

2019年3月11日月曜日

緑地面積の増大―地球温暖化に対する朗報か?


 先日、ニューズウィークの記事に、過去20年間に地球の緑地面積が増大しているというものがあった。中国とインドで増えているようである。インドの場合は耕地としての緑地の増大で、中国の場合は植樹プログラム「緑の万里の長城」などの植樹活動による森林の増大のようだ。中国もインドも莫大な人口を抱えて経済成長途上であり、正直、この両国は地球の環境破壊の大きな不安要因なのではないかと思っていたので、ちょっとほっとするニュースである。

 国際規模で環境が守られるかどうかについては、共有地の悲劇を回避できるかどうかに大きく左右される。共有地の悲劇とは、ギャレット・ハーディンが提唱した用語で、牧草などの持続可能な資源を共有するそれぞれのメンバーが自分に最も利益がもたらされるように利用すると、共有資源が枯渇してしまうというものである。水産資源については、つねにこの悲劇を避けるような国際協定が結ばれていると思う。習近平独裁中国は、失礼ながら国際協定の遵守という点で常に懐疑的にならざるを得ないので、環境破壊の不安要素なのである。

 今回の中国とインドのこのケースは、共有地の悲劇を避けるというよりは、自然破壊がはっきりと目に見えて現れてきたためだろう。破壊が目に見えてくると、いくら独裁とはいえ、政府も危機感を抱くし、環境保護を国民にも説得しやすい。中国の場合は砂漠化、インドの場合は食糧不足が緑化への原動力のようだ。

 熱帯雨林などの自然な森林自体はやはり減少に歯止めがかからないようなので、手放しに喜ぶわけにもいかないようだ。ただ、私自身、地球温暖化は最も大きな環境リスク要因と考えているので、このニュースはちょっとほっとさせてくれる。とはいえ、更新世といわれるこの1万年は、45億年の地球の歴史の中でもっとも温暖で気候が安定した時代である。あと12万年もすれば確実に次の氷河期がやって来るだろうから、朗報とはいえごく些細なことなのかもしれない。

2019年3月2日土曜日

『知ってるつもり』―スローマンがこんな本を書くとは


 容貌には少々特徴があるとはいえ、また一流の認知科学者であるとはいえ、基本的には地味な基礎の研究者のスティーブン・スローマンが、まさか世界的なベストセラーを書くとは想像もしていなかった。邦訳書のタイトルは『知ってるつもりー無知の科学』である。彼は、2009年の日本心理学会の招待講演者の一人だったが、残念ながら会場には決して聴衆が多いとはいえなかった。今なら大盛況になるだろう。彼の基本的なスタンスは、人間の認知機構に、直感的で速い処理と熟慮的で遅い処理を仮定する二重過程論者である。私も二重過程論的なアプローチで研究を続けているが、スローマンをはじめとする先駆者の影響を大きく受けている。また、2015年の9月に彼の勤務先であるブラウン大学を訪問したが、そのさいに研究発表もさせていただいている。

 本書の内容は、認知科学をある程度知っている人から見れば、それほど目新しいものではない。しかし、フランク・カイルの「説明深度の錯覚」を、人々に効果的に訴えることができるように非常に巧みにまとめている。私を含めた読者の多くは、文明の利器に囲まれて、その機能にさして驚くこともせずに育った世代である。テレビがなぜ映るのか、蛍光灯はなぜ明るいのか、冷蔵庫はなぜ冷やすことができるのかという疑問は、私たちの祖父母の世代なら抱いたかもしれないが、ユーザーとしての私たちは、機械として機能さえすればよいという程度の認識で、なぜという疑問をほとんど発することなしに使用している。そしれ、いつの間にかそのメカニズムを知っているつもりになっているのが、説明深度の錯覚なのである。

 本書では触れられていなかったが、この説明深度の錯覚は、現在、二重過程理論の直感的システムにおける正解感 (feeling of correctness) という概念で扱われている。この正解感が高いと、熟慮的なシステムが作用しなくなるというわけだ。1980年代の素朴な二重過程理論ならば、直感的な出力も、熟慮的なシステムによって修正が可能であると考えられてきたが、残念ながら情報の爆発的増加に対しては、熟慮システムも万能ではない。

 これまで二重過程理論者があまり注意を払わなかったのが、社会的コミュニティに分散される情報あるいは知能である。この他者を使って考えるという方法は、説明深度の錯覚を超えるために重要だろう。あまりに多くの情報に囲まれて、私たちは、「このことならあの人に聞けばよい」とか「その問題は、あの本を読めばわかるはず」という状態にしておいて、必要な時にそこにアクセスすればよいわけである。この方法で、私たちはずいぶんと適応的に現代社会を生きている。

 ただし、これが集団浅慮に結びつく可能性もあることが指摘されている。周囲の人が特定の意見を共有した時に、他の人は理解した上でその意見に賛成しているだろうと、自分もそれに同調してしまうわけだが、その集団の人間全員がそのようなスタンスでいると、集団浅慮になってしまう。これは、政治などにおいてよく見られるようだが、スローマンは、それを防ぐために「直接民主主義より代議制民主主義を推進すべき」と、認知科学者にしては珍しく、政治制度への言及を行っている。

 地道な研究を行っている認知科学者・認知心理学者は多いが、自分たちが知っていることは、世間の人々も知っていると、いつの間にか錯覚していることが多い。学界で当然とされている知見も、人々には意外に知られていないのである。そういう意味で、スローマンのこの書は貴重なのだろう。

2019年2月19日火曜日

大河ドラマ「いだてん」-視聴率が低いなんてもったいない


 2019年の大河ドラマが「いだてん」に決定したと報じられたときは、歴史ドラマ好きな私としては、かなり落胆した。また、これまでの大河ファンが離れてしまって視聴率が低迷しているようだ。しかし「いだてん」は、近代の歴史のおもしろさを十分に表現すると同時に、ドラマとしても秀逸なものになっていると思う。宮藤官九郎の、速いテンポの展開にヒューマンドラマを織り込んだ物語は、見ていて楽しいし、何よりもそれを名優たちが見事に演じていると思う。日本賛美が少々目に付くこともあるが、日本が、スポーツにおいて世界の舞台に向かっていく黎明期の躍動感を感じさせてくれる。

 主演の金栗四三を演ずる中村勘九郎は、田舎の出身者として、おそろしく周期に気遣いをしながらも、間の悪さ、空気の読めなさ、とんちんかんさを醸し出しながら、希望と戸惑いをうまく表現していると思う。彼が演ずる金栗が、オリンピックなどの経験を経て、今後どのように成長していくのか非常に楽しみである。私は、心理学から見た演劇の持論として、ある特定の感情をうまく表現できるだけではなく、複雑な感情が絡まったときに、演じられている人物自身が自分の感情がわからない状態を、表情やしぐさで演じられるのが名優だと思っているが、「いだてん」の勘九郎はまさしくこれにあてはまる。勘九郎に勝るとも劣らず、やや屈折した複雑な心情を表現しているのが、三島弥彦役の生田斗真だろう。生田クンは、「軍師官兵衛」での敬虔なクリスチャン大名の高山右近や、映画「土竜の唄」で見せたハチャメチャ感など、さまざまな顔があるが、いくつかの異なる顔を持っている三島を魅力的に演じてくれている。

 他にも、嘉納治五郎の役所広司、四三の兄の中村獅童など、名前をあげればきりがないほど名優が輝いている (そういえば、中村獅童は「八重の桜」では佐川官兵衛を演じ、戦死したのは熊本だったなとどうでもいいことを思い出した)。「八重の桜」といえば、綾瀬はるかだが、「いだてん」での破壊力は、八重以上だろう。「八重の桜」つながりでちょっと物足りないのは、「白虎隊総長」兼「前髪クネ男」 (勝地涼) の存在感の薄さである。あるいは今回は、意図的に存在感を消しているのだろうか。

 ド存在感といえば、三島弥彦の母を演ずる白石加代子である。これは白石さんにしかできない怪演だろう。で、その白石さんに決して負けていない存在感を示しているのが三島家の女中を演じている杉咲花である。実はこの女優は初めて見るのだが、タダものじゃない感が漂っている。

 ただ、登場人物が多すぎて、わかりやすさが犠牲になっているようにも思う。はたして物語を、志ん生に語らせる必要があったのかという点も疑問で、またビートたけしではこの役に違和感を抱いてしまう。彼の噺を聞くのに苦痛を感ずるのは、私だけではあるまい。

2019年2月15日金曜日

心理学の論文における「仮説」って?


 学術論文を書くには労力が必要である。残念ながら、自分の中ではこのエネルギーの減少を感ずるが、それに反比例するように多くの査読が舞い込んでくる。査読論文や日本で出版された論文について気になる点は、ここ10年程の傾向なのか、やたら「仮説」が羅列されたものが多いのである。科学論文は、良きにつけ悪しきにつけカール・ポパー流の仮説演繹法が基本なので、仮説を明示することは悪くはないのだが、仮説演繹法の基準から外れたものが多いのである。

 最も多いのは、これまで行われた実験事実から、さして確認するほどのことでもないような「仮説」を提示するタイプである。仮説は、それらの実験事実を説明する理論から演繹的に導かれるはずなのだが、その理論はあまり明示されないまま、過去の研究でこういう事実が発見されているので、本研究でもそうなるだろうという「仮説」になっているのである。私はこれを密かに「仮説帰納法」と呼んでため息をついている。この論法が学術的意義を持つとすれば、先行研究における「事実」が頑健ではない場合である。そうでなければ、このような「仮説」はほぼ無意味である。

 次に多いのは、やたら仮説が多い論文である。この傾向も、結局は理論が何かわかっていないことに由来する現象ではないかと思うが、仮説が4種あるいは5種もあると、読むほうはうんざりしてしまう。仮に、3種の仮説が提示されているとしよう。すると、私の頭の中では、それぞれの仮説が支持されたか否かで、23乗、計8通りの可能性を考える。そして、その8通りのうち、どの場合が仮説を導いた理論を支持するのだろうかを想像する。仮説が3種でもかなり認知容量を超える作業なのだが、4種あるいは5種も明示する書き手は、読み手のこういう状況を想像しているのだろうか。科学論文は、読み手に優しいことが大原則だが、この意味をもう一度考えてほしいものである。

 仮説が多い論文に見られる傾向なのだが、仮説で予測していることがらがやたら細かいというものも散見される。たとえば、

仮説1. Xを行うと、測度Aの得点は増加する。

仮説2. Xを行うと、測度Bの得点は減少する。

というものである。私などは、「Xを行うと測度ABの差が増大する」くらいが良いのではないかと思うのだが、すべてを予測することを金科玉条のごとく守っているとこういう硬直したものになる。心理学の測度には相対的なものが多いのだが、ABがそうだとするとこのような予測を行うことにそもそも無理がある。それで、たとえば仮説1のみ支持されたような場合に、よく見かけるのが「理論は部分的に支持された」とかいう訳のわからない結論である。「部分的に支持って?」とため息が漏れてしまう。理論と説明のための原理が正しいかどうかは確率的なものなので、どの程度の確率でということなら理解できるが、「部分的に」と書かれると読み手はどう解釈してよいのか困惑してしまう。ポパー流の仮説演繹法にもいろいろと批判はあるので、必ずしもポパリアンたれとは言わない。しかし、査読者・審査者あるいは将来の読み手に理解しやすいものを書くということだけは守ってほしい。

2019年1月30日水曜日

米国によるイラン制裁の影響が自分にまで及ぶとは


 米政府は、2018114日に、これまでの中で最も強力なイラン制裁を発動したようだ。イラン国営企業からの原油、石油製品購入、イランの中央銀行や指定銀行と外国金融機関による代金決済取引など、イラン貿易にとって重要な活動が禁止されるようである。イラン制裁については、アラブ諸国との紛争以外に、国内での人権抑圧などさまざまな問題に加えて、核開発が大きな根拠になっているようだ。しかし、私自身を含めて多くの日本人にとって、それで原油の価格が上がらないかどうか程度の関心しかないだろう。

 まさかそれが自分にまで及ぶとは考えもしていなかった。 現在、米国の某出版社から出版される専門書の編集を行っているのだが、先日、その担当の方からお知らせメールをいただいた。この米政府の決定に従い、編者や執筆者の中にイラン人がいると、その書籍は出版できないということのようだ。幸い、現時点でイラン人の執筆者はいないので、おそらく特に問題は生じないとは思う。しかし、こういう状況での反実仮想の常として、もしイラン人が執筆者に含まれていたらどうしただろうかと考え込んでしまった。出版の自由の侵害として、出版社に抗議するだろうか。イラン人執筆者に理由を述べて降りてもらうだろうか。まあ、とりあえずは、イラン人執筆者がいたらなぜまずいのかをもっと詳しく聞いた上での判断ということになるだろう。

 この制裁に対しては、EU加盟の、英国、ドイツ、フランスはいずれも反対している。イランと「合法的なビジネス」を行う欧州企業を支援するために、問題視されているSWIFTに代わる決済手段があれば、米国の制裁を回避しながら取引ができるようになると考えているようだ。

 それにしても、この114日の決定について、日本では、産経新聞やビジネス系の新聞以外で、あまりこのことが取り上げられていない。この制裁について、反対するにしろ、賛成するにしろ、根拠を述べながら論述するような記事が少なくて、日本人の関心を集めていないことが残念である。

2019年1月19日土曜日

歴史歪曲禁止法―イデオロギー優先である限り怖い


 積弊清算をモットーとする文在寅の姿勢に、嫌韓ではなかった日本人の間にも、日韓関係の危機感を感じ始めている人が増えている。照射問題よりも、個人的に怖いなと感じているのが、昨年の12月に与党である「共に民主党」から国会に提案された「歴史歪曲禁止法」という新しい法律である。これは、日本の植民地時代を賛美、歪曲する団体と個人を刑法で処罰するという法案で、具体的には慰安婦被害者をはじめ、日本の植民統治と侵略戦争行為に対して歪曲・賞賛・鼓舞または宣伝する者を罰するための制定のようだ。

 10年以上前、ちょうど廬武鉉が大統領だったが、私が韓国政府の基金でソウルに滞在した時である。北朝鮮とも交流が進み、北朝鮮も遠くない未来に徐々に民主化されるのではないかと私が楽観的に期待していたころである。ある先生が私の楽観論に釘をさした。「廬武鉉は怖い」と。また、日韓関係も、植民地時代を経験しなかった世代が韓国の中心になれば、もっと改められるのではないかと思っていたが、何名かの先生の意見は、「もっとやっかいになるかもしれない」というものだった。つまり、植民地時代を経験した人たちは、廬武鉉政権で喧伝されていた植民地の悲劇的イメージを、「それほど悪かったわけではない」と指摘することができたのだが、その世代がいなくなると怖いという。奴隷状態のような印象だけが誰にも修正されずに独り歩きする可能性が生じてくるわけだ。

  現在、文在寅政権は、朴槿恵政権下で慰安婦合意と徴用工裁判に関与した人物に対する検察の調査を進めていて、慰安婦合意を主導した李丙ギ氏は拘束され、尹炳世元外相は徴用工裁判に関与した疑いで検察の捜査を受けているようだ。「歴史歪曲禁止法」が成立すると、このような人々が取り締まりの対象となる。植民地時代の日本の統治がどのようなものであったのかという科学的な研究ができなくなり、『帝国の慰安婦』の朴裕河氏なども自由な発言が著しく制約される可能性が高い。

  ヨーロッパにおいて、ホロコースト否認は多くの欧州の国において違法とされるようになった。おそらく、文在寅はこれをモデルにしているのだろう。しかし否認を違法とするこの背景には、言論の自由の両立とのジレンマを抱えながらも、ユダヤ人差別を肯定する極右の台頭に対して危機感を感じていたという状況がある。また、ホロコーストは、植民地や戦争において偶発的に起きた虐殺あるいは暴虐とは異なり、ある思想団体が意図的に民族浄化を試みたというとてつもない人類的犯罪である。これと、植民地支配を同列に並べても無理があるのではないだろうか。さらにイスラエルには、外国に対して「ホロコースト否定論者」の身柄引渡しを要求できる「ホロコースト否定禁止法」がある。まさか文在寅はここまでは真似しないと思いたいが、昨今の状況を見ていると、楽観は禁物である。

  しかし、韓国にも廬武鉉や文在寅に対する批判的な人々も多い。怖くて声をあげることができないだけである。したがって、ビザ免除廃止のような強硬論には私は反対である。日本が問題視すべきなのは韓国人全体ではなく文在寅であり、言論の自由を後退させようとしているのは彼だとして批判すればよい。そんな中で私がほっとするのは、李洛淵首相の「日本は過去の前で、韓国は未来の前で謙虚な態度をとるべき」という発言である。この発言は、その前半部分が日本で批判されているが、よく見れば名言である。韓国は、日本が戦後に歩んできた道、つまり平和への価値を重んじ、韓国経済の復興に貢献したということを謙虚に認めるべきという主張である。政権の中からもこういう発言があるとほっとする。