2019年1月13日日曜日

LGBT差別の問題―平沢氏は論外だが、社会構築イデオロギーも手強い


 これまで性にまつわる差別問題というと男女差別であったが、ここへ来て、LGBTの差別問題がクローズアップされてきた。昨日、ある先生からうまい表現を教えていただいたが、男女差別が、スタジアムで巨人ファンを優遇するか阪神ファンを優遇するかという問題だとすれば、LGBT差別は、そのスタジアムからのファンの排除に相当する問題ということだ。つまり、LGBTは、スタジアムに入れてもらえることさえないわけである。

 男女同権主義者はリベラルな印象があるが、頑迷なイデオロギーに毒されるとLGBT差別に結びつく。男女同権主義者は、性差を、生物学的な差異ではなく文化構築によるものとすることを伝統的に好む。この試みは悪くはないのだが、「生物学的な性差はあってはならない」というイデオロギーによって、科学的な事実が捻じ曲げられてしまうと困ったことになる。たとえば、文化人類学のパイオニアであるマーガレット・ミードは、南太平洋には、「男性でも攻撃的ではない文化や、女性でも攻撃的な文化がある」という報告している。未だに講演会などで、これを引用しながら生物学的な性差はないのだと主張する人がいるらしいが、ミードのこの報告は現代では完全に否定されている(自分たちの嘘が世界的な人類学の教科書に記載されると想像だにしなかったサモアの人々に、ミードがからかわれたというのが真実のようだ)

 性差はすべて社会構築によるものだ(そして、それは、社会的に権力を握った男性による陰謀だ)と主張する人々の中には、性的違和(生物的な性と心理的な性が異なっている状態)を、なんと社会構築論の証拠と考える人もいる。つまり、たとえば身体は男性で心は女性という状態は、精神が生物学的メカニズムの結果である身体の影響を受けないので、性差は生物的ではないというわけだ。

 しかし、この論拠には根本的な誤りがある。家庭教育、学校教育などの社会構築の影響は、身体的特徴に応じて現れるはずである。つまり、身体的に男性とされる人は、家庭でも学校でも男子として育てられ、男性の価値観を刷り込まれるはずである。しかしLGBTは、それでもなお自分の身体としての性に違和感を感ずるわけである。つまり、精神における性的違和感は、社会構築で簡単に変更できるようなものではないのである。

 平沢勝栄氏のように、LGBTにとんでもない発言をする政治家は、人間の多様性を認めて個々人が幸福を追求する権利を持っているとする立場から、反駁は容易である。しかし、社会構築のイデオロギーに固まった男女同権主義者は、リベラルな仮面を装いながら、LGBT差別を疑似問題としてしまう可能性があってやっかいなのである。つまり、生物的性差を認めたくないというイデオロギーから、身体の性にあわせて精神を変更することは容易だという印象操作を行うわけだ。これは明らかに誤りで、有害である。LGBTをスタジアムに入れなくしていることと同義だということに気がつかなければならない。

2019年1月10日木曜日

ウェイソン選択課題における誤答は確証バイアスの証拠ではない


 思考心理学においてウェイソン選択課題が用いられた研究はかなり下火になり、私自身もここ10年程行っていないが、世間ではむしろ知られるようになってきており、ときどきネット記事でも見かけるようになった。代表的な例は以下のような課題である。

 表にアルファベット、裏に数字が印刷されているカードがあり、それらのうち、4枚が以下のように並べられている。

B    E    3    6

これらのカードにおいて、「もし表がBならば、裏は3」というルールが正しいかどうかを調べたい。そのためには、どのカードの反対側を見る必要があるだろうか。

 正答はB6なのだが、正答率は極めて低く、B3と答える人が非常に多いということが知られている。3は反対側のアルファベットを見る必要はない。反対側がBであればルールに一致するが、CであってもEであってもルールを反証するわけではない。このルールは、Bの反対側が3以外であるカードによって反証されるので、選択すべきは6で、反対側がBかどうかを調べる必要がある。

 このB3を選択する反応が、「人間には、「Bならば3」のようなルールを反証するのではなく確証する傾向がある」として説明されるのが確証バイアス説である。そして、この誤答が確証バイアスの典型例としてしばしば紹介されている。人間は自分の仮説を守りたがり、その仮説に一致する事例のみを探そうとする傾向を表すものとされている。愛煙家が「喫煙はガンとは関係がない」という仮説を守るために、ガンにならなかった喫煙者を探すのと同じだというわけだ。

 これには2つの誤解がある。第一は、確証バイアスには、このように自分の仮説を守りたいという動機論的要素はないという点である。また、確証バイアスという用語もここ10年程あまり用いられず、肯定性バイアスとも呼ばれていて、仮説検証の効率的な情報探索の一つとして位置づけられている。

 第二は、ウェイソン選択課題の誤答は、確証バイアス説では説明されていないという点である。ウェイソンは当初はこの説を提唱したが、すぐに弟子のエヴァンズとの共同研究によって否定している。エヴァンズは、もし確証バイアス説が正しいならば、上の例で、ルールを「もしBならば3ではない」にすると、人間は3ではない6を選択してルールが正しいことを確証するはずだと予想して実験を行った。しかし、このような否定文では3の選択が増加したということを報告した。この反応は正答になる。

 この結果からエヴァンズは、人間は、肯定文にしろ否定文にしろ、ルールに表示された「3」とマッチするカードを選択する傾向があるとして、それをマッチングバイアスと命名した。ウェイソン自身もこの説を支持しているので、確証バイアスの代表例としてウェイソン選択課題が紹介されると、現在では非常に大きな違和感を覚える。

 なお、備考になるが、いくら人間の推論がバイアスの影響を受けやすいといっても、マッチングのようなシンプルなメカニズムで高次な人間の推論を説明するにはやはり違和感が残る。そこで私は、最適選択というマッチングよりは合理性を伴う概念を援用して再検討した。マッチングバイアス説は完全に否定されなかったが、そのかなりの成分は最適選択によって生じていると推定している。

参考文献

 Evans, J. St. B. T. & Lynch, J. S. (1973). Matching bias in the selection task. British Journal of Psychology, 64, 391-397. 
 Wason, P. C. (1966). Reasoning. In B. M. Foss(Ed.), New horizons in psychology. Penguin. 
 Yama, H. (2001). Matching versus optimal data selection in the Wason selection task. Thinking and Reasoning, 7, 295-311.

2019年1月7日月曜日

レーザー照射をめぐる韓国の反応―非属人性が未成熟なのでは?


 文在寅が大統領に就任以来、日韓問題の再燃を懸念していたら、2018年末のレーザー照射に端を発した理解しがたい一連の事件が起きてしまった。慰安婦問題ほど尾を引くことはないとは思うが、一連のドタバタは、韓国にかなり好意的な日本の識者やメディアも、ほぼ100パーセント韓国側に責任があると考えているようだ。

 かたくなに照射を認めず、謝罪をするどころか、謝罪を要求してきたこの異常さの理由を、「反日を国是としている」や「恨の文化」などからも説明できるかもしれないが、非属人性の未成熟という点からも論ずることができると思う。1028日の記事でダグラス・ノースの『暴力と社会秩序―制度の歴史学のために』を紹介したが、彼は、アクセス制限型秩序―アクセス開放型秩序という区別を提案している。ここでいうアクセスとは、国民からの富や情報あるいは意思決定へのアクセスであり、民主的な国になるためには、アクセス開放型秩序に移行しなければならない。この移行のための重要な要因が非属人性である。つまり、法やルールなどが、人間に属するものから離れて、非属人的に運用されなければならないわけである。言い換えれば、誰がトップに立っても法の運用は同じでなければならないということが、非属人性である。

 実はノースの2009年のこの著作によれば、東洋では、中国だけではなく韓国もアクセス開放型秩序の国とみなされていない。個人的には私は、韓国は十分に民主主義の国と考えていただけに、引っかかるものがあった。しかし大統領が交代するたびに積弊清算という名のもとに前大統領や前大統領の下でさまざまなことに尽力していた人が罪に問われたり冷遇されたりする実態は、やはり、ルールなどが属人的であるということを示しているのかもしれない。積弊清算とは、長い間に積もった害悪を清算するという意味があるが、朴から文への大統領の交代とともに起きた一連の積弊清算はかなり惨かった。「正しいこと」が、大統領が交代しただけで変化するようでは、民主主義国家をつくることは難しい。その結果生ずることは、権力者に都合が悪いことは、白も黒と言いくるめることが日常化してしまうことである。

 2009年の時点で、ノースが韓国はアクセル開放型秩序ではないと判断した理由は、彼の著作の中で明示されているわけではないが、アルゼンチンなどの南米の国々などと同じように、アクセスの制限による経済活動における腐敗や不正が根拠のようであった。経済活動については私はよくわからないが、文大統領の積弊清算の惨さを見ると、やはり非属人性が未成熟という印象をもつ。韓国は恨の文化だとか、感情がルールを超えるといわれているが、恨みなどの感情はどこの国においてもあって人類普遍である。それが権力者を取り込んだ時に、その属人性からとんでもないことが起きると解釈したほうがいいのではないだろうかと思う。

2019年1月4日金曜日

情報戦―流血を抑止するために


 2019年が始まった。このような節目において、未来の不確実性と世界情勢の不安がしばしば議論されるが、巨視的に見れば、第二次世界大戦以降、確実に殺し合いとしての戦争は消滅しつつある。このブログで何度も触れてきたことだが、殺人、暴力、ジェノサイドも減少の一途をたどっている。

 戦争がほとんど起きなくなった理由はいろいろと考えられるし、このブログでもたびたび論じてきた。当然のこととしてこれまであまり触れなかった情報化について、少し述べてみたい。これまでの戦争は、基本的に相手の資源に代表されるモノの奪い合いで、たとえば太平洋戦争では、日本はスマトラ等の石油が欲しくて軍を進めている。しかし、現代の豊かさの基盤は、モノから情報にシフトしている。豊かさの鍵は、いかにすぐれたIT機器やプログラムを作成するかに左右されるようになっている。仮に、メキシコがアメリカに戦争を仕掛けてテキサスの油田を奪ったとすれば、自国が少しは豊かになるかもしれない。しかし、現代ではそれ以上の豊かさを生み出すのが情報である。かといって、メキシコがハイテク産業の集積地であるシリコンヴァレーを奪ったとしても、ハイテク企業や研究者に逃げられてしまえば得るものはほとんどない。戦争において実力行使によって奪える利益が、相対的に益々低下しているわけである。

 これは、流血がないということで人類とっては喜ばしいことなのかもしれないが、現代では、私たちには想像もできないような情報戦が起きているようだ。中国のIT企業であるファーウェイのCFOがスパイ疑惑ということで、カナダで逮捕されたが、この真相はどうなっているのだろう。これまで、何人かの海外の知人から、IT技術が劣っていることを自認している中国は必死に技術を盗もうとしているのではないかということを聞いた。経済力をつけた中国が、情報戦で優位に立ったら本格的に牙を剥くかもしれないと恐れている人は多い。日本はのほほんとしすぎかもしれない。

 何年か前に、コンピュータ開発の予算削減をめぐって、「2位じゃだめなんですか」という某政治家のセリフが有名になった。この発言の経緯について、私はよくわからないが、個人的には「だめ」だろうと思う。現在、コンピュータ技術は、情報共有やデータ解析などを通して、すべての学問分野の発展の基盤となっている。もちろん現代の豊かさの源泉でもあり、また災害発生のメカニズムなどを知るのにすぐれたコンピュータは欠かせないはずだ。コンピュータ技術が軍事に転用されるといわれると抵抗を感ずるが、流血の抑止としては、核よりははるかに健全なのではないかと思う。

2018年12月27日木曜日

国語から文学が消える? ―文学はよき社会への燃料ではないか


 入試改革や教科としての国語から、文学が追いやられそうな勢いである。確かに、国語の教科書に小説の一部だけが掲載されるのは不自然だし、小説は解釈が多様で、試験にしにくいというのはわかる。しかし、小説、あるいは文学の価値はもっと社会で認識されてもいいのではないだろうか。

 文学には、戦争や暴力・残虐行為を抑制する力がある。それが顕著になるのは、17世紀後半からのヨーロッパにおける地域紛争的な戦争の減少、魔女狩りの終焉を含む異教徒への弾圧の減少、罪人あるいは被疑者に対する厳罰・拷問の減少である。また、それまでは死刑は公開で行われていて見物人も多く、人々の一種の娯楽という要素も含まれていた。しかし、そのころから処刑シーンは人道的嫌悪をもたらすものに変化した。

 もちろん、これらの重要な要因は、絶対王政的な権威がリヴァイアサンとして機能し、地域紛争が減少したということかもしれない。しかし、16世紀以降、活版印刷の技術が、聖書から徐々に大衆小説と呼ばれる武勇談や滑稽譚などの印刷に適用されて、書籍が普及し始めている。そのような背景から、17世紀にはウィリアム・シェイクスピアが現れ、またジャン・ド・ラ・フォンテーヌがイソップ寓話を基にした寓話詩を作った。小説は18世紀から本格化し、英国では、ダニエル・デフォーが『ロビンソン・クルーソー』を書き、ジョナサン・スウィフトは『ガリヴァー旅行記』を著した。また、ちょっと遅れて、ドイツでは、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは、『若きウェルテルの悩み』を著している。

 小説を読んで楽しむためにはその登場人物の理解が必要で、それによって共感も生じやすい。この行為は他者の行動を理解するときに、心の理論あるいはマインドリーディングを用いることとほぼ同義である。他者への共感がより促進されると、たとえば、罪人が拷問を受けるときの苦痛や処刑されるときの恐怖を実感できるようになる。また、自分が異教徒として迫害される側に立つこともできるようになる。そうなると、いくら罪人や異教徒に対する恐怖や嫌悪が強くても、拷問・処刑・迫害はかわいそうであるという感情が芽生えることになる。17世紀以前の人々のマインドリーディングが不完全であったというわけではないが、小説が人々に読まれ始めるにしたがって、マインドリーディングが適用される範囲が人間の実際の行動から架空の人物の行動へと広がり、それと同時に、それまでは敵だった異教徒の精神状態の理解も促進されるようになったと考えるのが最も妥当だろう。

 心の理論やマインドリーディングは、共感による強い感情と結びついている。そして、この出力は、いわゆる「頭で考えた」結果の出力よりも強力である。したがって、巨大なエネルギーとなって社会を変革していく力を秘めているといえる。歴史的に、人道主義に向けての運動への影響として非常に大きかったのは、ストウ夫人による『アンクル・トムの小屋』であろう。黒人奴隷としての悲惨な状況を描いたこの小説は、アメリカが奴隷解放問題で南北分裂の危機を抱えていた当時、奴隷解放への世論の形成に非常に大きな役割を果たしている。

 小説や文学が育たないこところではよき社会は生まれない。出力エネルギーが強いということは、もちろん諸刃の剣という危うさもある。しかし、人々のモラルの向上や残虐な行為の減少のために、欠かすことができない社会の燃料という非常に重要な側面がある。教科から小説・文学を追いやろうとしている為政者にはこのことが理解されているのだろうか。

2018年12月17日月曜日

NHK大河ドラマ「西郷どん」―個人的総括


 「西郷どん」が終わった。始まった当初は、感情の押し付けではないかなどの違和感もあった。しかし、制作側の「家族の視点から描く」という意図は十分に伝わったと思うし、大成功だったのではないだろうか。確かに視聴率という点では振るわなかったかもしれないが、大河の中では、概して幕末モノは視聴率が低い。背景が複雑すぎたり、大河ファンが期待する武者姿の合戦がなかったりと、いろいろとハンディがあるのだろう。

 西田敏行の語りが実は息子の菊次郎だったというのは、なかなかうまい演出だが、確かに林真理子の原作も菊次郎が父を語るという形式になっているので、気の利いたいたずらだと思う。家族の視点は、黒木華の糸、二階堂ふみの愛加那が、全く異なる家族形態の中で、異なる視線から西郷を眺めていたという脚本・演出は興味深く楽しませてもらった。ただ、少女時代の糸と西郷の妻になってからの糸の連続性にちょっと違和感もあった。「芯の強さ」や「納得するまでは引かない」という印象は共通していたかもしれないが、あのお転婆がすっかり影を潜めたのはちょっと残念だった。

 村田新八は1990年の「翔ぶが如く」で益岡徹が演じて以来、私のお気に入りの人物だが、堀井新太の新八はちょっと物足りなかった。このあたりは、脚本や演出との兼ね合いもあろうが、益岡さんが醸し出していた剽軽さに欠けるかなという印象である。また、洋行経験で世界を知ったという新八は、西郷軍に加わるかどうかでものすごく悩んだはずなのだが、それはドラマではあまり描かれていなかった。しかし、最期の城山で、フランスで習熟したアコーディオンを弾き、フロックコートを脱いだ彼の粋は表現できていたと思う。「ラ・マルセイエーズ」のシーンはおそらく忘れられないものになる。

 司馬遼太郎の小説のほうの「翔ぶが如く」では、川路利良がかなり大きな位置を占めるが、1990年の大河では、演じた塩野谷正幸の印象は薄い(塩野谷さんは、今回は糸の父親役だった)。しかし今回は、川路を演ずる泉澤祐希がもう少し存在感を出してくれていた。ただ、どのような意志で大久保側につき、西郷軍に参加しなかったのかとか、ポリスの役目とか、もう少し語らせてくれたら良かったのにとも思う。

 始まった当初は、私の中の最悪の大河である「江」のようなとんでもないものになるのではと恐れたが、十二分に見応えたがあった。「男が活躍して陰で女が支える」に陥りがちな西郷と大久保の物語を、地に足がついた生活者の視点で描いてくれていたと思う。

2018年12月6日木曜日

なぜこの程度のコメントで「納得」した気分になるのかー勝谷誠彦氏のあるコメントを題材として


 先日、コラムニストの勝谷誠彦氏が亡くなられた。勝谷氏には申し訳ないが、2011年の認知心理学会のシンポジウム「21世紀市民のための思考研究の理論と実践」で登壇させていただいたときに、彼のある事件へのコメントを題材に、「なぜこの程度のコメントで人々が納得した気分になれるのか」と、かなり批判的な立場で議論した記憶がある。さて、以下の3つのコメントで、勝谷氏による本物はどれだろうか? 残りの2つは私が作成したものである。

(1) 愛知県の東名高速道路で起きた高速バス乗っ取り事件で、監禁と銃刀法違反容疑で逮捕された中学2年の少年について

「誰でも簡単にナイフが持てる時代で、『周囲の注意を引き付けたい』という達成感を得ることだけが目的になっている。どうにかその達成感を表したいから、バスを乗っ取るという安易な方法をとる。乗っ取り・監禁までしてしまうのは自己愛の暴走。自分を『世界に一人だけの花』と思いこむ人間が増えて、そこに事件を起こすことがその証明だと勘違いしてしまう。豊かなようで、精神の貧困な時代の象徴だ。」

(2) 学校に無理難題をおしつけるモンスターペアレントの問題について

「誰でも簡単に教師に文句が言える時代で、『学校・教師に勝った』という達成感を得ることだけが目的になっている。どうにかその達成感を表したいから、学校にクレームをつけるという安易な方法をとる。学校の教育方針にまで口をはさむのは自己愛の暴走。自分を『世界に1つだけの花』と思いこむ人間が増えて、学校を屈服させることに自分という存在が残ったと勘違いしてしまう。豊かなようで、精神の貧困な時代の象徴だ。」

(3) イタリアの世界遺産であるフィレンツェ市のサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂において日本人の落書きがあったことについて

「誰でも簡単に海外に行ける時代で、『そこに行った』という達成感を得ることだけが目的になっている。どうにかその達成感を表したいから、落書きという安易な方法をとる。実名まで書いてしまうのは自己愛の暴走。自分を『世界に1つだけの花』と思いこむ人間が増えて、そこに自分という存在が残ったと勘違いしてしまう。豊かなようで、精神の貧困な時代の象徴だ。」

 正解は、(3)で、産経新聞の2008年の629日付のコメントである。認知心理学会では私が作成した偽の例がすでに知られていたようで、比較的正解者が多かったが、これ以外の場所で話したときは、正解はほぼチャンスレベルであった。さらに、(1)でも(2)でも納得できるようなコメントで、AIによる事件コメント生成プログラムが簡単に作成できそうだという意見もいただいた。

 勝谷氏や産経新聞には申し訳ないが、シンポジウムで提起した問題は、なぜこの程度のコメントで人々があたかも「納得した」かのような錯覚を抱くのかということである。私がシンポジウムで主張した結論は、素朴心理学的な因果説明と、安直なビッグワードの使用である。素朴心理学とは、科学的に検証されているわけではないが、人々が直感的に信じている因果連鎖から構成される。ここでいえば、「自己愛傾向が高い人は、目立つところに自分の名前を書く」や、「豊かになれば精神が貧困になる」という因果関係である。検証されたわけでもないのに、なぜこの程度のことを信ずるのかという問題はまだ明確ではないが、因果構造のシンプルさが理解を容易して、納得感をもたらすのだろう。

 もう一つの問題は、ビッグワードである。ビッグワードとは、抽象的でさまざまに解釈可能な記述用語だが、ここでは「自己愛」や「精神の貧困」が相当する。実は、「自己愛」は心理学ではかなり厳密な定義が試みられているが、日常語として使用されればビッグワードになる。どうにもならないのは「精神の貧困」だろう。精神の貧困とは何なのか? 明確ではないままに人々を納得させる怖い用語である。